アンテナ3代

 SteppIRを降ろし、ミニマルチのT33jrH-WARC-E2を上げました。短縮アンテナですからSteppIRと性能を比較するのは無理がありますが、故障のリスクは減りました。
 標準ではPhoneバンドに合わせてあるので、少しエレメントを伸ばしてもらいましたが、バンドが上がるほどCWバンドからのズレが大きいようです。しかし、バンドの最下端でもSWRは2以下におさまっているので、贅沢は言えません。空中でエレメントの長さを調整するのは大変なので、何もせず使うことにしました。

アンテナ3代

組み立て開始・・・T33JrH-WARC-E2

組み立て開始。けっこう大変です。ねじ回しで右肩が痛いです。無調整でOKを祈ります。

ミニマルチ組み立て開始

ZM1AVO QSL

 1970年に交信したZM1AVO・・同じサフィックスを調べていて焦げ付きに気づいたので、昨年10月に出したSASEに、1年たって返ってきました。プリフィックスはコンテスト用らしく、カードはZLでした。それに交信データが空白。約半世紀ぶりにカードをCFMできたのだから、よしとしましょう。お互いに、まだ電波が出ているのは嬉しいことです。

ZM1AVO

ALL JA

 JARLから何が届いたのかと開封したら、ALL JA CONTEST・電信部門 シングルオペ シルバー種目 関西地方第1位の賞状でした。

 シルバーでないオールバンドにエントリーしたら、全国83位、関西でも12~13位くらい。関西で1位のJA3HBF/田原さんの足下にも及びません。(^_^.)

 賞をもらって、こんなことを言うのも申し訳ないのですが、メールの添付のPDFで十分だと思うのですが・・?!

ALL JA 1位

A1CLUB Straight Key Contest

 参加は諦めていた昨日のA1CLUB Straight Key Contest,早めに帰宅できたので、3.5MHzだけで参加しました。結局、30数局。

 名前の通り縦ぶれキーが必須ですから、時間があっても全6時間の参加は無理です。エレキーに頼る日常。年に1回ホコリを払うだけでは、まともに打てません。Hi

 このコンテストのもう一つの特徴は、ナンバーがキーに付けた8文字までの任意の名前で、文字が多いほどポイントに掛ける係数が大きいこと。それと、CQで呼ばれて1交信したら、CQ側はQSYするルールです。

 すんなりと、キーの名前のKIZUNAS/Nを付けて出たかったのですが、9つになるので家族2人の名前を足して使いました。わずかな時間でしたが、送信だけでなく受信も疲れました。でも楽しいコンテストというか、QSOパーティーでした。

KIZUNA208
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle