FC2ブログ

FT8 7.042MHz

FT8-7MHz の国内向け周波数7.042MHzで初めて電波を出してみました。 初物のせいでしょうか、次から次に呼ばれて、10局ほど交信。最近はCWでも滅多にこんなことはありません。やはりコンディションが悪くても見えるFT8の特性なんでしょうか。
FT8_7042

24号・・台風一過

21号に比べると風速は弱めで、幸いアンテナを含め目立った被害はありませんでした。
今回は列島を縦断したので、被害を受けた方が多いようです。お見舞い申し上げます。

台風一過_20180930

DX 追っかけカレンダー

久しぶりに作ってみましたが、台風24号の動きが気になって・・・。

DX_Calendar.jpg

アンテナ 復旧

 裏の軒先にひっそりと上げていたVUHF帯用のV-2000を、タワーのトップに移しました。元々ここには全く使っていない160m用のスーパーラドが上がっていましたが、折を見てV-2000と入れ替える予定でした。

 6mのDXシーズンは終わったので急ぐことはなかったのですが、台風21号でHF用のミニマルチがズレて、各エレメントもチグハグになっていたので、復旧と同時にリストラを行ったわけです。スーパーラドは燃えないゴミ行きとなりました。

 VUはコンテストくらいしか出ることはないのですが、これで少しはまともに飛ぶようになると思います。

V-2000_20180925_s

スプリアス確認保証シール

 JARDが発行する、このシール。法的には何の意味もないのですが、くれるというので後学のためにもらってRigに貼っておきました。

 しかし、JARDが保証しない200W超の局はどうなるのか、まだ定かではないのが気がかりです。関東総通は「新スプリアス対応」と認める国内製リニアアンプを発表していますが、海外メーカー製アンプの扱いはどうなるのか、JARLが総務省と折衝中という話もネットではチラホラ目にしますが、確たる情報はありません。

 旧スプリアス機がつかえなくなるのは4年後。その頃は80歳大台を超えているので、恐らくアンプを買い換えてまでハイパワーを維持するなんてことはしないと思いますが・・・・。
JARDシール
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle