CQWW-CW Contest

 今回は、かなり長時間Rigの前に座り、80mから10mの間を行ったり来たりしていました。“CQ”は出さずに呼び回るだけですから、局数はそんなに伸びませんが、時間が長かった分、スコアは昨年の倍以上いったようです。でも、トップクラスと比べれば一桁ちがいますから、入賞とは別世界の話です。

【80m】
 80m用に“CD-78Jr”をあげたので、昨年は出なかった80mに力を入れてみました。結果は18エンティティーと交信して、バンドニューが7つ。元々80mのDXCCはまだ20台ですから、大きな成果です。
 でも、参ったのは“599”で入感するEU方面の「CQ空振り局」を、いくら呼んでも振り向いてもらえないケースがたくさんあったこと。相手のノイズレベルを超える強さでは飛んでいないのだと思いますが、全くパイルもなく、何度もCQを連呼するクリアな信号を聞いていて「もったいない」思いでいっぱいでした。
 5band-DXCCの最後の関門は80m。現在地では、これ以上のアンテナは張れませんので、じっくりやるしかありませんね。

【40m】
 バンド別では、一番局数が多かったのは40mで、38エンティティー・22ゾーンと交信。バンドニューが7つありました。40mでは、カリブ(6Y)とEUの最奥(G,GM,GW)ができていますから、当局にとってはいろんな条件が一番よかったのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

米塚さん,
 高さが20mもない13m長の短縮ANT+200wですから、こんなものでしょう。

ご苦労さまでした。

   でも、参ったのは“599”で入感するEU方面の「CQ空振り局」を、いくら呼んでも振り向いてもらえないケースがたくさんあったこと。相手のノイズレベルを超える強さでは飛んでいないのだと思いますが、全くパイルもなく、何度もCQを連呼するクリアな信号を聞いていて「もったいない」思いでいっぱいでした。
 5band-DXCCの最後の関門は80m。現在地では、これ以上のアンテナは張れませんので、じっくりやるしかありませんね。

● AVO さん、バルト3国へ行ったとき旧U*シリーズの局、Club 局などをみませんでしたか?

貴方の言う Big CQ局は大体5Kw以上です、軍の設備など使ったりしています。 私はLZ9A(ソフィア大学)の設備とその他のClub局のAMP,ANTを見てきました。

それと向こうの40.80mはEUの国内QSO QRM がありますので、このLocal QRMを抑えるSIGをJAから飛ばなくては彼らが気が付きません。

それだけPower入れると14MHzの二の舞ですね。

Asia からQRVしたとき7099などのトラックMobil 局が59・・でも幾ら呼んでも応答がありません。 「この局 ホンマニ50Wかいな?」と思うのと状況は同じです。

30mh DipoleでkW入れれば、流石にこの様な局でも100%応答があります。 マルチ稼ぎもズット効率良くなります。


sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle