星条旗の下に生きたヒバクシャたち

 昨夜放映されたNHKの「星条旗の下に生きたヒバクシャたち」(Reporter=渡辺謙)。何気なく見始めたのですが、最後まで見てしまいました。

 アメリカに生まれて米国市民権を持つ日本人が日本に帰り、広島で被爆。戦後すぐに生まれたアメリカに帰り、原爆症と知らずに後遺症に悩みながら生きる人たちを、渡辺さんが淡々と追い、Reportします。

 孫を連れて3度も広島を見せて、自分の思い(父の遺言でもあった)が孫に伝わった喜びを語るMay Yamaokaさんの姿には、感動しました。

 終戦時は4歳。わずかに戦前生まれの私ですが、戦争の記憶はわずかです。きょう成田からシアトルに戻る孫たちを思いながら、戦争のない世界がくることを、祈っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Ham を通して知った戦争でした。

米国では原爆調査に来た人も被爆しましたね。 同じように 朝鮮人被爆者が問題が有りますね。


広島・・・例のW7PHOが「米国が何をやったかみたい・・是非行きたい処。」と希望したので浜松から広島まで案内しました。

最初のW旅行(新婚旅行) 会ったHam 奥さんは最後の移民船で日本から・・LAXに到着したときはもう開戦・・敵国となった日本人に結婚式場を貸すところは無し・・新婚1週間で強制収容所送り・・・

Ham を通して知った戦争でした。

米塚廣雄
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle