SteppIR 復旧

 今月中旬、アンテナ工事のベテランに助っ人をお願いする段取りをつけていたのですが、ふと思いつき、以前トラブった時に教えていただいた方法でピンを特定できましたので、手元のケーブル12本をコネクタに半田付けすることで、復旧できました。結果、タワーに上がって作業をする必要はなくなりました。

 12本のうち半分は色がダブっておらずピンを特定できたので、1-2,3-4,5-6,7-8,9-10,11-12それぞれで、20オームになる相手を総当たり方式でチェックしてみたら、幸い重複なく全結線のピンナンバーを特定できました。

 あと動作がおかしくなるとすれば、ピントの合わない老眼で半田づけをしたコネクタの接触不良が原因ということになります。1本付ける度に虫眼鏡で確認しないと危ないです。ほんとに目の衰えを痛感しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

吉田さん

「えいや」で、幸いうまくいって良かったです。
コネクタの半田付けが心配で、力がかからないよう、ケーブルをテーブルに固定してます>(^_^.)

何度もコテを当てたので、ベースのプラスチックが溶けて、ぐらぐらのピンもあります。
機会があれば、名人にやり直してもらった方がいいかも。

No title

とりあえず良かったですネ
私は外で作業しなくてはならず、しかも脚立の上だったので余裕がありませんでした。
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle