V6 report (6) 世界遺産“Nan Madol”

ポンペイ島南東部の沿岸に築かれた石造建造物群。昨年、“世界遺産”、同時に存続が危ぶまれる“危機遺産”に登録されました。7月、イスタンブールで委員会を開催中に事件が起こったので、報道は目立たないものでした。

この遺産は地元の酋長さんが管理していて、一般の世界遺産とは趣が少々異なるようです。住人による関所が3カ所あって、私たちが行った時は、2つめの関所の主が昼寝していたらしく、寝ぼけ眼で出てきました。(^_^;)

2枚目の写真は遺跡の心臓部の入口で、橋がないので引き潮の時に渡ります。私たちが渡ったときは膝の少し上までの深さがありました。

ナン・マドール1

ナン・マドール2

ナン・マドール3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle