移動局変更申請~FT857M JARD実測を受けて~ 結末

 JARDによるスプリアス調査に提供したFT-857Mの一部「不適合」を受けて、行った移動局の変更申請。
結局「第1送信機 FT-857M」の変更は認められず、JARDの調査結果通知書の原本も返却されてきました。

【第1送信機:FT-857M】
 50,144MHz帯のA3Eを削除、430MHz帯を削除→「変更なし」に
【第2送信機:ID-31】 変更なし
【第3送信機:FT-991M】 増設
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

3,4アマの人が、14MHzの出るRigで14MHzを除いて申請する・・のはOKと同じように考えたのですが、甘かったようです。

No title

結局一部が不適合だと,その無線機はそのままでは免許されないって事なのですね.自分の857は新スプリアス規定に合致していますが,免許されている無線機には保証認定機種や昔の技適機種もたくさんあるので,直前になって慌てないように,今から整理をはじめないとなぁと思いました.
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle