RI1PT ロシア~JA 2往復

IOTA EU-188 のこのカード、日本とロシアを2往復、名古屋の局のご厚意で転送されてきました。

 QSL-MGRR7AAが送ってくれた封筒のラベルにある私の住所は間違っていないのに、「あて所に尋ねあたりません」とのスタンプ。ロシアに戻されてしまったのです。そこでMGR氏は名古屋の局に送るカードに同封してくれたわけです。名古屋の方とは幸い過去に交信したことがあり、カードを交換していたので、転送していただけたのです。

 このところ、E51J宛ての国際郵便が毎日のように届きます。同じようなことがあっては困るので、伊丹本局に調査をお願いしました。回答は電話で「住所を勘違いした」とのこと。これっきりです。民間会社では考えられない対応ですね。

RI1PT

RI1PT-2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

郵便も今は民間会社かな。
2人ハンコが押してありますから、チェック・システムはあるようです。しかし、機能していないということでしょうか。

No title

 配達の方もご苦労なさっているとは思いますが、DX局 Mngr.宛てに出したSASEがそのまま集配郵便局から私のところへ配達されたことが何度かありました。

 その都度申し出て届けていただきましたが、最終的には国名の下に届け先国名をカタカナでも併せて記入するようにしてから、戻ってくることはなくなりました。Hi.

 困ったことに、英文のあて名と言うだけで、取り違えをしてしまう方が結構いらっしゃるようです。

sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle