US License Numbers Up

 ARRLの機関誌QSTの7月号に、US License保持者数の10年ごとの推移が載っています。

 着実に増えていて、今年は72万を突破して、1970年の2.5倍。資格別の数もTechnicianより上級のGeneral,Extraの伸びが相対的に大きいです。

 これに対して、ARRLのメンバーがどれだけいるのか調べてみたら、16万人を超えています。JARLのような世界に類を見ないようなQSL-Buroがあるわけでもないのに、なぜなんでしょうね。

 ちなみに私もARRLの会員で、細かくは記憶がありませんが、10年くらいは続いていると思います。いまのところ退会する気はありません。足下のJARLは毎年、期限が来る度に迷ったすえ更新していますが、ARRLは迷わず3年コースを選んで更新しています。


US License number
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回の会員による選挙結果は、前回の騒動を踏まえたものですから、前回より「重い」と思うのですが・・虚しいですね。

こうなると、どちらの側も意地の突っ張りあいという感がして、余計に虚しいです。

JARL

毎度の総会での拒否騒動。
今回の事で退会者が増える。
ローカルでも自然退会者が、
もう常識が通らない組織になってしまった。
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle