TO3JA 運用結果

 修正が結構ありました。請求いただいたカードの滞留は現在ありません。

 海外運用すると、ネットなどでいろんなご意見が流れているのを目にします。私たちは楽しむために行くのであって、苦しむために行くのではありませんし、Donationも募っていませんが、随分的外れの批評もありますね。

 平均年齢が後期高齢者に近づきつつあるグループですから、世界的に有名なDXサーたちのペディションを物差しにして言われても・・・ねぇ。私のXYLなど「ヘボだから、ヘボと言われても、別に・・。それがどうしたの」と、アッケラカンとしています。Hi

 CQ誌のDX欄でも、「電波が強い割に、応答率が悪い」と辛口批評を頂きました。特に3.5MHzなどは積み残しが多かったとのこと。私が3.5MHzでJAを意識して運用したのは2回だけでしたが、現地の早朝の短時間しかオープンしないうえ、1局をフルコピーするのに10分くらいかかってしまうこともあるような受信環境でした。今後は、もっと気楽にマイペースで楽しんだ方がいいのかなぁ・・・。

TO3JA_QSO
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中出さん:
そうですね・・・私は1998年から海外運用していますがマナーというかモラルが低下してきています。

【CQ誌のDX欄でも、「電波が強い割に、応答率が悪い」と辛口批評を頂きました。】
⇒このコメントには私も失望しました。書いた方は有名なDXERなのに
【自分で行ってみたら】と言ってやりたいです。

我々の海外運用は【Holiday Style】なのに・・・・・Donationも求めていないのに・・・・・

No title

内田さん,

 最近のクラスターはひどいですね。それに、パイルアップ時のマナーは年々ひどくなっているように思います。

 10年ほど前に海外運用を始めた頃は「楽しいなぁ」・・でしたが、最近は「無理して早起きして、JAと1局でも多く交信しようと思って頑張ってるのに、なんでこんなこと言われなきゃならないの」との思いが強いですね。

ごもっとです

私もCLUSTER上ではLIDと書かれたことがあります。
パイルの中では相手コールのコピーも難しいし、別にコンテスターでもないし・・・・

とくにローバンドではコピーするのが難しい。JAに強く届いていても、現地では弱い場面がたくさんあります。

コメントする方は1回でも経験したらよいと思います。まして、指定無視の局もあるのに・・・・

JAとカリブのパスの場合、最大のネックはUSAからのQRMM.
EUと南太平洋の場合はJAですが・・・・

私もおじさんぺディなので理解できます。
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle