FM DX Vacation “PIER HOTEL”

 Laurentが最初に教えてくれたホテルの名は“Le Bourbon Motel”でしたが、メールを出しても返事がありません。そこで、彼に相談したら、4月の某日、見に行ってくれました。「ホテルの名が“PIER HOTEL”に変わっていた」とのこと。どうやら経営者が変わったようです。

 Martiniqueのホテルと連絡を取る必要があり、知り合いに頼んで用件をフランス語で書いてもらった書類を、5月の某日、まずFaxしてみました。ところが、回線はつながるものの、1回、2回と試しても送信できません。

 3回目に男性の声で反応がありました。「Do you speak English ?」と聞くと「No.」が返ってきました。半世紀前に勉強したフランス語など全く忘れていますから、「English English」と繰り返したら、別の男性に交代。また「Do you speak English ?」と聞くと「a little」・・お~、こっちも「a little」だから気楽なもんだと、まず「I can not send Fax. Any trouble ?」との問いに「No paper」。なるほど、紙がなかったのか。トイレ問答のようですね。

 しかたない。電話で予約しようと「Reservation ?」と簡単明瞭に言うと「When ?」。ここからが問題です。「January」は何度か繰り返してOKの模様。しかし、「12 to 18・・7 night」が通じません。10から上の数字はダメらしい。これは私のフランス語も同様です。さあ、困った。日が正確に伝わらないと、話になりません。

 そこで「 when can I send Fax ?」・・彼は「Today・・(沈黙)tomorrow//」・・で、私は「OK, I will send 2 days or 3 days after」おまけに「Merci」とフランス語で締めたら、彼「ふふふ」と笑って電話を切りました。

 数日後、ホテルのFax、もう紙をセットしただろうと、再度送信。しかし、Faxは送信されず、女性が電話に出ました。残念。英語がほとんど通じません。「paper」「5 minutes」断片的な英語で状況を理解。
 20分くらい間を置いて送信。Faxは送信されず、電話にも誰も出ません。2度繰り返しましたがダメで、またまた断念。仕方ないので、Faxで送るはずの文書をEMSで発送しました。1,200円なり・・・。先が思いやられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:Martinique の Hotel

わかめさん,

 バリで何を楽しんでいるんですか?

 このホテルは、「シャックから歩いて5分」が決め手です。
もちろん他のホテルも探しましたが、最短でも10km以上あります。
観光用にレンタカーを借りるつもりですが、全員が運転できるわけ
じゃありませんから、。シャックとの行き来が車では困るんです。

Martinique の Hotel

どのような経過でそこに決めたのか判りませんが、

Booking dot com なら、
かなりの情報が判ります。
http://goo.gl/rmhUPF
(絞り込んでます)

地図を表示・・・で、複数のHotelの場所も確認できます。

私も、愛用しています。
今回も、微妙に外れましたが。
http://dxvacation.com/article/375552077.html
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle