京都・大原&嵐山

17日(月)、18日(火)、京都・大原方面に1泊2日の小旅行に出かけてきました。三千院は3年ぶりでした。

まずは、元幡枝離宮・圓通寺へ。借景の比叡山はすばらしい・・の一言。交通の便のよくない北の外れにあるうえ、冬のオフシーズンなので、貸し切り状態。しばし静寂を堪能しました。
1_圓通寺

貴船神社に移動。観光シーズンには、賀茂川の源流・貴船川の「川床」で、流れの音に耳を傾けながら、鮎料理などを味わう観光客で賑わいますが、冬はひっそりとしています。
2_貴船神社

宿泊地の大原山荘へ。大原は旅館ではなく、みんな民宿です。「温泉に入ってきた」という、経営を息子さん(?)に任せて隠居したオーナーと、話好きの家内がしばらく談笑。遠方からの泊まり客は案外少なくて、「ほとんどが近郊から」だそうだ。
3_大原山荘

大原山荘は一番奥まったところにあり、すぐ隣が寂光院と建礼門院大原西陵。
4_寂光院
5_建礼門院大原西陵

翌18日、車を宿に預けて、三千院まで散歩。約1.7km・・田舎のひなびた風景の中を、のんびり歩いて30分。途中、平家物語に出てくる「朧(おぼろ)の泉」がひっそりと。
6_三千院・寂光院
7_朧の清水

三千院は何度も訪れているので、この日は節約して(笑)門前だけ。
8_三千院

法然が諸宗の学僧と浄土念仏の教理を論議した「大原問答」で有名な勝林院。
9_大原問答勝林院

締めは、嵐山へ。オフシーズンでひっそり・・と思ったのですが、なんと団体さんで結構な賑わいです。写真は渡月橋。
10_渡月橋

竹林では、聞こえるのは外国語ばかり。写真の右端に少しだけ写っているのは人力車。
11_竹林

竹林の奥にある丹下左膳で有名な大河内傳次郎が築いた広大な別荘「大河内山荘」は、ほとんどの観光客が「入場料1,000円」に門前でUターン。私たちも例外ではありませんでした(笑)。
12_大河内山荘

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

京都、奈良はオフシーズンに限りますね。
一度ゆっくりとお出かけください。

観光

イヤー素晴らしいです。
退職した年に、フェリーで敦賀から伊勢まで行きましたが、
京都と奈良は通過に等しかったです。
東寺と平等院、なにしろ泊りが松阪でしたから、
只走った記憶が有ります。ゆっくりと2-3泊もするべきでした。
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle