PayPal 送金&受け取り 成功

 私と同じくPayPalアカウントのPremierへのgradeupを完了したYさんと、送金テストをしてみました。

 YさんはClublogのシステムを利用したOQRS(Online QSL Request system)で、仮にupされたQSO-dataを私が確認し、送金したところ、無事Yさんが受け取ることができました。次に、Yさんから私のアカウント宛に送金してもらったところ、すんなり受け取ることが出来ました。

 この送金額と正味受取額の関係ですが、$2.では相手国や為替によってはエアメールの切手代が出るか出ないか微妙で、確実に送金出来るメリットとカード発行側の封筒代と手書きの手間を考えると、$3.が妥当なところかな・・と思います。

 また、PayPalで受け取ったものを自分の銀行口座に移し現金化するには1回200円以上の手数料が必要で、大量にカード請求を受ける局でないと、割に合わないでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

米塚さん,
 Premierクラスにupgradeしたら、便利になったようです。でも、PayPalは本人確認で漢字とアルファベットを厳密に区別するので、漢字のIDが基本の日本ではホントに手間がかかります。

こんばんわ。

一度コメント送ったのですが? 最初の実験記事を読んだとき「日本円を国内同志でPayPal相互送金が可能」 になったのか?と、思いました。

やはり、PayPal受取ーさらにYen換金・振込JA銀行への振込手数料が両方かかるので QSL $2=150円では不足すると思います。 ましてや1枚10円ほどのQSLを印刷していたのではさらに厳しい現実が・・でも、採算?度外視が趣味である・・運用が楽しみの海外運用でしょうね。



「/VK4」での結果を参考にさせてもらって、「/VK9L」はどうするか、じっくり考えてみます。

先ほどは有難うございました。

OQRSのもう一つのメリットは、「カードは送りませんがBuro経由で送ってね」というリクエストもできることです。
リクエストのあったものだけBuro経由で送ることができます。
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle