P4(Aruba)でUS入国イミグレ

 帰途、Arubaの空港でのこと。

 米国マイアミに向け出国手続きをすませてゲートに向かったら、途中に預け荷物を受け取る“Baggage claim”があり、荷物がどんどん出ています。「あれ、なんで?」と思いながら進むと、大柄のおじさん2人が通る乗客に声をかけています。どうやら、「荷物をピックアップしなさい」と言ってるようです。

 台の方に戻ると、なんと私たちのスーツケースがすでに出ているじゃないですか。結局わかったのは、スーツケースを持って米国への入国手続きを、ここArubaで行う必要があるということでした。

 スーツケースを持って入国イミグレなんて初めての体験です。この結果、マイアミへは純粋の国内便で、マイアミでの米国入国手続きは不要でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Naoさん,
 Gateが“US”向けと“Non US”に分かれていたので、ちょっと「?」を感じたのですが、こんな仕掛けとは知りませんでした。

面白いシステムですね。それほどUSとArubaとの間に往来があるということなのでしょうね。僕はシカゴへの帰路のオタワ空港でUS入国審査を経験したことはありますが、荷物はスルーでしたね。
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle