500W局の変更

 「5MHz帯の発射できるRigは保証できない」とTSSに拒否された1件。結局、新しい技適機(200W)を調達して直接総通に電子申請し、許可されました。コストアップ2~3万円なりです(笑)。

電子申請1

 その免許状を受け取るため、きのう(13日)、数十年ぶりに合同庁舎1号館の総通に出かけました。昔昔、IC-710をブラ下げて検査にお邪魔して以来ではないかと思います。建物は昔と変わりませんが、出入りが厳重になっているのが印象的でした。入口に電車の改札よりも頑丈なゲートがあり、守衛さんに身分を証明するものを見せ、受け取ったIDを機械にかざさないと入れません。

 わざわざ出かけたのは、今回の変更は第1段階で、次の手続きについて教えてもらうためでした。固定局の現状は、第1装置が「100W機+リニア」、第2装置が「200W機」となったのですが、この第1装置のエキサイタを100W機から200機に入れ替えるのが、次のステップです。

 以前はリニアの交換は検査なしとCQ誌の記事でも見ましたが、エキサイタの交換についてはネット上で「OK」のreportがあるものの、近畿については「?」でした。今回、この点を質問してみたら、指定事項に変更がなければ「軽微な変更」で処理してもらえるようです。わかりやすく言えば、「部品の変更」扱いです。
 さっそく、きょう電子申請で届出の手続きをしました。実際に私の届けがすんなりOKとなるかはまだわかりませんが、昔に比べると手続きが徐々に緩和されつつあるのは嬉しいことです。

 ところで、エキサイタの入れ替えが無事すむと、TS-480SAT(100W)が浮いてきます。海外運用では上限100Wの国もあるので、できれば置いておきたいところですが、我が家の金庫番の目が・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先日のK3の5MMZ 発射可能は認めない・・の件、読みました。

では、K1はどうなんだ!のお答え・・・流石は役所?
 
「職怠なので行政不服訴訟」を意識することは無い人種かあ?  橋下さんに鍛え直してもらえば?  と思いました。

sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle