P4(Aruba)の免許

 5月に運用するP4(Aruba)ですが、無事ライセンスが発行されるのか、希望のコールが割り当てられるのか、待っているところです。

 免許取得には最低2ヵ月は必要とのことなので、余裕をみて12月4日に申請しました。手続きは簡単で、DTZ(Directie Telecommunicatiezaken)に、E-mail添付で(1)申請書(2)US-Licenseのコピー(3)パスポートのコピー・・を送るだけです。

 1ヵ月後の1月初めに、「申請を受理した。審査に1ヵ月かかる」とのLetterがE-mailで送られてきました。

 予告通りの1ヵ月後、2月初めに今度はFAXで手数料の請求書が送られてきました。オランダ語なので詳細はわからないのですが、ここから先はArubaのレンタルシャックを管理しているP43C/Cris にお任せです。期限?の2月末までに、指定の銀行に納めて、その領収書を持ってDTZに出頭する必要があります。そんなことは不可能なんですが、幸い代理人でもOKということなので、お願いしました。

 なお、ご一緒するご夫婦は日本の免許の証明取得に手間取っており、Arubaの免許取得が間に合うかどうか、微妙です。こんなときは、コピー1枚取ればOKのUS-Licenseはありがたいですね。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle