リニアが落ちる

 リニアと言っても、本来が移動用のDXV500Zですから、フルパワー(500W)を出せるのは7MHzまで。14~21MHzはいくら頑張っても300Wどまりです。

 それも、アンテナがぴったり同調しているときの話で、SWRが2を超えると、ドライブ電力に気をつけないと、すぐに落ちます。落ちるから壊れないんですけど(笑)。

 CQWW-CWでは、CQ空振り連発のCN2R(モロッコ)を見つけて「やったぞ」と張り切ったら、リニアが落ちて取り逃がしました。エキサイターは20Wくらいになっているので、とっさに100Wに戻しても、パイルが始まって一巻の終わりです。

 オートチューナーMFJ-994Bの扱い方に問題があるのかもしれません。“AUTO”以外のボタンを活用すれば、道があるのかもしれませんが、英語のマニュアルなので・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

米塚さん,
 1.8MHz~21MHz,500Wです。
このアンプは21MHzまでの対応なので、24,28,50MHzは100Wです。いずれ、もっとましなアンプに入れ替えるつもりですが・・。

21M.28M 300Wしか出なくても 免許は500Wくれるのでしょうか?

例の「上限20% 下限なし」の規定で?

それともBand 別 OUT指定?

米塚さん,

 エキサイターはTS-480SATなのでチューナーが入ってます。

 このアンプは、過電流(Id)>6.2A,反射電力>50W,ヒートシンク温度>100度C・・で落ちる保護回路が入ってます。
入力よりも、アンプ出力側のSWRを下げるのが第一のようです。

 特に80mは11m長の短縮アンテナですから、地上から操作できるコントローラーを付けないと、同調範囲が狭いのでシンドイです。

AMP の入力ZPは まじめに全Band 50オームですか?  入力ZP 回路あり?

これがずれるとATの無いTRXでは押し切れない?
になりませんか?

米塚 廣雄
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle