こんなカード W4BPD/Gus

1960年代に世界を駆け巡ったDX-Peditioner・W4BPD/Gus Browningのカード。
AC7A(ブータン)は、現在アメリカのハムに割り当てられており、交信したことがあります。
HSは現在は外国人個人には免許されないと聞いていますが、この頃はどうしたんでしょうね。
Gus-1
Gus-2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 昔は今のようなドパイルに苦労した記憶はなく、せっせとSASEを出した記憶もないのに、こんなカードが手元にあるのは不思議です(笑)。

 電波科学のグラビアにGusのLogの一部が掲載され、その中に私のコールがありました。これは“お宝”だと、念のためコピーを取っていたのですが、見つかりません。2度、3度の引っ越しで行方不明になったようです。残念。

ガ゛スやドンは私には何れも幻のカードです。
当然聞いた事も無いコールばかりです。
KR8**のカードも無いです。
デリートのカードは東西ドイツの頃からです。
1970年代は借家の時代で2mを楽しんでいた。

大DXペディショナーW4BPD/gus、W9WNV/Donらの時代、1960年代のQSLですね。
書物で彼らの武勇伝は読んだ事がありますが、残念ながら直接波を聞いた事はありません。
すばらしい歴史の1ページですね!
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle