Guam の不思議なトランジット

 関空~パラオの途中のGuamはトランジットで預け荷物もピックアップしないのですが、なぜか人間さまは“強制入国”しなければならない、不思議なシステムでした。

 XYLはなぜか帰途のSecurityチェックで機内持ち込みのリュックの中を丹念に調べられ、直後のボーディングでもまたStopを食らってリュックを調べられたので“超”おかんむりでした。

 ずっと昔から、こうなのでしょうか? or “9.11”テロの後からなのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 気付きませんでした。たしか20番ゲートあたりで降りて、入国後に再出国、降りたゲート付近に戻ってきたので「なんで?」でした。
 帰国時のイミグレは長蛇の列で、娘一家にくっついて、空いていたアメリカ人向けイミグレから入国しました。担当官によっては「日本人はあっち」と拒否され家族と別々になりますが、この日はOKでした。

空港の構造上、昔からです。
一般の搭乗待合の通路を通って、入管に行かれたはずです。お気づきになられましたか??
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle