海外運用の QSL cfm率

 海外運用分のQSL回収率はどんな状況か、HAMLOGで簡単にチェックできるので計算してみました。
意外なのはカリブが低いですね。逆に昨年の9M6の高さが際立っています。

 直近のVK9XOを除いて、全体の回収率は約半分の51.5%にすぎません。昨年まではJARL-Buroの転送制度を利用して、100%発行してきましたが、この結果を見ると、カードが不要な人にまで一方的に発行するのは資源と手間が無駄な感じがしますね。

2003,04,06 4S7AVG 100% 59.9%
2006 8Q7NM 100% 39.1%
2006,08 XU7AVO 100% 56.2%
2008 VP5/W3AVO 100% 33.7%
2009 KP2/W3AVO 100% 43.0%
2010 9M6/JA3AVO 100% 66.0%
2011 VK9XO ? 7.6%
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最初のコメント内,「後者」は「前者」の間違いですね.済みません.Hamlog とか使っているなら,逐次印刷よりも,まとめてどばーっと印刷しちゃった方が手間がかからないんじゃないかな?ということでした.(手書きなら逐次もありですが)

>MasaPさん
ゆっくり発行するのは結構ですけど,5年に一回しか出さないとかなると,もはや SK になっちゃう方も多いのでは?苦笑 転送手数料を考えると1年以内には出して欲しいものですね.

とかいいつつ,私も溜めまくった前科者です.苦笑

MasaPさん,

 頂いてますよ・・と答えるには、HAMLOGを5回も6回も開いたり閉じたり・・(笑)。 しっかり頂いております。Hi

 4S7なんて最後のでも5年たってるのに、いまだに「PSE QSL」ってのも困りますけどね。年間数枚の再発行のために5年以上も転送手数料を払い続ける甲斐性は・・・。

私は、出しているつもりなのですが、その1人にカウントされていませんよね?

で、カード貰うだけ貰って発行しない人とは
けっして交信相手のカードが欲しくない訳でなく
カードは欲しいけれど、自局のは、ゆっくり発行
もしくは、発行しない人 も中にはいると思いますね。

普通もらったら、送るというのが常識ですが。。特にDXは。

ocrさん,
 遊びが多いので、1回の運用で1,000QSOを超えることはありませんから、手間は大したことはないのですが、悩ましい問題です。
「飛んでるcheck」で呼ぶ方が多いんでしょうね(笑)。

確かにカードはいらないという人も結構な割合なんでしょうね.しかし,来たカードに逐次返事をしていくのと,一気に印刷してビューロに送ってしまうのでは,後者の方が資源はともかく,手間はかかるんじゃないでしょうか?9M6の回収率が高いのは,相手が送るときの宛先がすぐ推測できるからではないかとも思いますが,どうでしょうか?
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle