HAMLOG マスターデータの編集

 交信データの管理はHAMLOGをメーンにしていますが、新しいDXCCエンティティーの誕生や消滅に対応しないケースが増えてきたため、DXCCの変化に対応したマスターデータを独自に作っている方がいないか、ネットを検索してみましたが、ないようなので、DX部分の編集に手をつけてみました。基本的な構造とルールを把握するのに手間取りましたが、とりあえず以下のようなことをやってみました。

 ①E51(North Cook I.),E51(South Cook I.)の追加
 ②4O3(Montenegro)の追加,Serbia & Montenegro→Serbiaへの変更
 ③PJシリーズ2エンティティーの消滅

 Montenegroが反映され、Wkd/Cfmが1エンティティー増えました。
hamlog-1

 「消滅地域は無視する」にチェックを入れると;
hamlog-2

 8エンティティーも減ってしまいました。(>_<)(@_@)
hamlog-3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あれ、そうなんですか。
真面目にVer.UPしているんですが、マスターデータは全然更新
されていないんです。

HAMLOG マスターデータ

こんにちは
私もHAMLOGを使っています。最新版にバージョンアップすればマスターデータのDXエンテティがも最新になっています。
現在Ver5.16cですがE51,4O3,PJ2,PJ4もちゃんとありましたよ。
FB DX
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle