QRO Project (10) 番外 24MHz~

電界強度確認表番外 免許を受けたサムウェイのアンプDXV500Zは、元々海外移動のローバンド用につくられたもので、値段も11万円と安価ですから、固定局での本格的なQROには向いていません。 フルパワー500Wを期待できるのは7MHzまでですし、24MHzから上のバンドでは使えません。

 出来れば、東京ハイパワーのHL-550FXあたりで50MHzまでの免許を受けたかったのですが、我が家の金庫番や、その他諸々の条件を考えると、贅沢は言えませんでした。

 試しに、今回申請につかった電界強度の計算表で24~50MHzを500Wにしてみたら、余裕で基準値をクリアしているようです。検査ではタワーを下げたままで電界強度を測定していましたが、実測値は一桁におさまっていましたから、机上の計算条件はかなり厳しいものに設定してあるんでしょうね。

 JH3GXF/安孫子さんがCQ誌2008年1月号に体験記を書いておられますが、指定事項を一切変えずにアンプだけを取り替える場合は、改めて検査を受ける必要はないようです。21MHzまでしっかり500Wの出るアンプに取り替える選択肢もあるかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle