Please come to WA

 シアトル郊外の知人から、あたたかいメールをいただきました。

 娘一家が「アメリカのお父さん、お母さん」と言えるほどお世話になっているご夫妻。「困った事態になったら、遠慮せずに、いらっしゃい」という内容で、最後に“Please”が4つも5つも並んでいて、ホロリとする内容です。

 アメリカから見れば、日本なんてチッポケなもの。きっと東も西もないのでしょう。「私たちは大丈夫。16年前の阪神大震災では助けられました。今は私たちが東日本の人を支援する番です」と返信しました。

 アメリカのテレビでは、いまニュースは福島原発一色だそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

米塚さん,
 あんな大きなアンテナ、よくバスに載せてくれましたね。
相変わらずのエネルギーには脱帽です。

訂正 

550分で寝ぼけたか?

今は3W2LI/Hau 氏の家に宿泊です。

米塚 廣雄

今朝20日はHau ・XV2Aの家です。

無線Lan が周りを飛び交っていてInternet無料です・。

 大きな国、米国の思い出・・

日本から来た・! と言ったら「オー日本島か? ところでお前はどの島からか?」 え・・・「ほら・・北海道島、四国島・等」
あーーそうか「私は本州島です。」 「おーちょっと大きな島か」
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle