JARL臨時総会 (4) 質疑

 質問者は12人。議案が定款1本のためか、脱線気味の質問は少なくて、新定款案のどのあたりに問題があるのか、よくわかりました。
 テーマごとのQ&Aは続編に譲るとして、まず質問・意見のタイトルのみを紹介しましょう。あくまでもメモの取れた範囲内ですので・・。
 会場からリアルタイムでネットで映像が公開されていたそうなので、このBLOGでも当初、質問者の方のコールを書いていましたが、その後削除しました。

【1】
・成年被後見人補佐人と被選挙権
・役員の年齢制限(75歳)の理由
・社員以外の会員の発言の機会
・地方本部組織および支部長=社員のガバナンス問題
・今回の議案の理事会決議における保留とは?

【2】
・理事候補の年齢制限は時代の流れに逆行する。
・支部長=社員,ガバナンス問題ない。

【3】
・社員総会で一般会員は意見を述べられるか?
・支部ごとの社員と会員の比率は均衡が取れているか?

【4】
・新定款案は間違いなく認定委を通るのか?
・1票の格差に問題はない。
・透明性に留意した運営を。

【5】
・橋本事務局長の「JARLを辞めろ」発言の真意?
・75歳定年はいいとして、同じ人が何十年もやるのが問題。
 重任制限はきっちり規定すべきだ。

【6】
・財政問題は重要。今回、終身会員問題をなぜ外したか?
・社員総会の傍聴を規定で可能にすべきだ。

【7】
・賛成。まず定款を変更し、新法人に移行しよう。

【8】
・4期8年までの重任制限は、1期空いて再任は可能か?

【9】
・夢をかなえる団体になれるのか?

【10】
・設立登記の時期など今後の見通しについて?

【11】
・「JARLは会員が主人公」を定款にうたうべきだ。
・会長指名の支部長について

【12】
・地方本部ごとの社員数が4の倍数になっているのはなぜか?
・支部の統廃合について

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle