microHAM USB Interface Ⅲ なんとか動作

CAT-jumper 英語のマニュアルと格闘、FT-1000につないで、何とか基本的な設定を完了しました。目がかすんでます。(^_^;)

 A4で20数ページのマニュアル。飛ばし読みせずに、忠実にマニュアルに沿って設定、なんとか動作するところまで漕ぎつけました。とりあえず、アプリケーションは、CTESTWINMMVARIHAMLOGを試しました。以下、現段階で、いいところ、気になるところ・・・。

CTESTWINでCWを送信できるので、“USBIF4CW”が不要になりました。
 ただ、スペースでかすかにノイズが聞こえるのが気になります。

・パソコンにはUSBを1個つなぐだけでOK。
 インターフェース内のサウンドカードを使うので、PCへのAF入出力プラグが不要。

HAMLOGでは、CAT信号は取り込んでいるものの、表示がおかしい。未解決です。

・インターフェース用のソフト(Router)と、アプリケーションを別々に起動しておかないとダメなのが面倒。
 Routerのメニューにアプリを起動する設定が可能なような気がするのですが、マニュアルでは発見できず。


  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

池田さん,
 やはり、2本立てで使うのが基本なのですね。
 なんとか動いているので、おいおい使い込んでいきたいと思います。

Router

Routerは(自動)起動したままにしておく。ミニマイズしたままにしておき、設定変更や動作確認のときに必要に応じて、システムトレイにあるアイコンから開く。不要になったら、終了せず、ミニマイズする。
というのがRouter基本的な使い方です。
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle