外国式の名前の表記 (パスポート)

 在シアトル総領事館のWebサイトに、わかりやすい解説が載っています。

 パスポート上の氏名は、原則として戸籍に基づきヘボン式ローマ字で表記されるのですね。

 スミス、花子さん    → 姓:SUMISU 名:HANAKO
 スミス、マイケル太郎さん→ 姓:SUMISU 名:MAIKERUTARO

 日本の名前でも、昔はこのヘボン式で苦労した方がいるようですが、今はかなり柔軟に対応してもらえるようです。
以下引用;

 外国で生まれたため二重国籍になった場合等において、必要と認められる場合には以下の方法で外国式の綴りをパスポート上に表記することが可能です。

(1)ケース1(非ヘボン式氏名表記):外国式氏名が戸籍に記載されている場合
 ○二重国籍者で戸籍上に外国式の名前が記載されている スミス、マイケル太郎さんの場合

   姓:SMITH 名:MICHAEL TARO

 ○外国式の綴りでの表記を希望する場合は、旅券申請の際に次の書類を併せて提出(示)して下さい。

   非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書 1通
   外国式氏名の綴りが確認できる外国政府等が発給した公的書類の原本
    例:婚姻証明書、米国旅券、出生証明書等
   有効期間内のパスポートの更新であっても、新たに非ヘボン式氏名表記を希望する場合は、
    6ヶ月以内に発行された戸籍謄(抄)本 1通
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle