Logger32 導入記(2) ハムログ・データのImport

 さあ、ハムログのデータの移転です。いただいたアドバイスを参考に、まずデータの少ないコンテストのログをADIFに変換し、Logger32にインポートしてみました。特に問題はなさそうです。

 次に、ハムログの全データをインポートしました。結果は、約22,000のデータに対し、エラーが40個。エラー分は“BAD.ADI”というファイルに出力されますので、のぞいてみました。ハムログの“G・L”欄は使っていないのですが、ここにたまたま入っているデータを読み込んで出たエラーが10数個。また、なぜか同じ日時のデータが20個以上あり、これもエラーになっていました。“BAD.ADI”ファイルを修正し、名前を“GOOD.ADI”に変更して読み込んでOKとなりました。

 次にLogger32に読み込まれたデータの点検です。DXCCは、ハムログと比べ、1~2個の誤差の範囲内におさまっています。ただ、ハムログの“CODE”欄が空欄の場合、JA扱いになっているようで、これはとりあえず後回しに。

 IOTAは、ハムログには入っていないのですが、Logger32がかなりの分を判定してくれます。漏れた分は手書きで修正しました。まだ、200まで行っていないので、そんなに大変な作業ではありません。

 本日の作業はここまでです。だいぶ格好がついてきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高橋さん,
 まだ、どこまで踏み込むか、様子を見ながら・・・じっくり遊んでみるつもりです。

私もLoggerに興味はあるのですが、なかなか移行に踏み切れていません。
QSOの内訳は、8~9割が海外交信なのでハム・ログよりもLoggerの方が向いているのでしょうが、コンピュータが苦手なため移行に二の足を踏んでいます。
Loggerの使い勝手等、ときどきレポートお願いします。

吉田さん,
 ありがとうございます。先生がいると、つい聞いてしまいますね。
出来るだけ自分で調べてから質問するように心がけます。

ツールアイコンの左から2ツ目にZip User Filesがあります。
これをクリックするとLogger32フォルダにあるxxx.iniというファイル等がzipファイルに圧縮生成されます。
これを解凍して新しいPCのLogger32フォルダに上書きコピーします。
Logger32のインストールフォルダのパス、Logbookのパスが違う場合等は注意が必要です。

Logger32の各種設定は、xxx.iniというファイルに保存されます。その中でもイチバン大掛かりなのがLogger32.iniです。
その他にもCW.ini、SoundCardMacro.ini等々があります。

吉田さん,
 まだサブのノートに入れて試行中です。
インストール段階でエラーが出ましたが、マニュアルに沿って解決しました。
 ADIFの構造を勉強していなかったので、「UTC」=「TIME-ON」というのがなかなかわからず、難儀しました。Hi
 別のPCに設定をそっくりコピペする機能なんてあるんでしょうか?

うまく移行されたようですね。
LogPrintも如何ですか?
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle