LoTW V63AVO & V63PBL

ARRL-LoTWに、2局分のLogをupしました。
QSL Policy は下記の通りです。

V63AVO LoTW, OQRS(Direct or Buro), SASE, Buro
V63PBL JA station: LoTW, OQRS(Direct or Buro), SASE, Buro
      Outside JA: LoTW, OQRS(Direct only) , SASE
スポンサーサイト

V6 report (11) 滝と関所

私たち家族は、ナン・マドール遺跡の観光ではポーンパイプ岩絵に寄りましたが、宮川さん、大串さんは滝(Kepirohi Falls)に行ったそうです。この島は雨が多いので滝もたくさんあります。

2枚目は滝の関所。世界遺産のナン・マドールも似たり寄ったりの関門です。看板や料金表などはありません。洗濯物は干してありますが・・・。

滝1

滝2

JARL QSO Party

2017年「酉」のステッカーが届きました。これで、ようやく10年連続。あと2年頑張らないと振り出しに戻ってしまいます。
JARL QSO Party

V6 report (10) 戦争

第2次大戦の名残にも遭遇しました。

Tourist center の横に、旧日本軍の戦車が朽ちた状態で展示(?)されていました。看板も説明文もありません。
10_1戦車

レストラン“Sei”の植本盛さんは、この島で生まれ(一時日本に戻されましたが)いろんな事業に手を広げて成功されています。
カレーが日本人の舌に馴染むのと、インターネットがつながるので、何度かお邪魔しました。
10_2Seiさん

V6 report (9) 郵便

郵便局は島に一つだけ。ポストはなくて、配達もしないので、みんな PO Box に取りにくるシステムです。 差し出しも郵便局の窓口のみで、日本なら最寄りの郵便局という趣です。

いつも海外に行くと自宅宛にもハガキを出すのですが、10日くらいで届きました。切手もUS$で、1枚の図柄はリンカーンでした。

9_郵便局1

9_郵便局2

9_郵便局3

9_郵便局4

V6 report (8) 首都パリキール

ホテルから南西20kmにある首都パリキールは、首都というより官庁街という風情。テレコムもここにあります。

驚いたのは、大統領官邸や議会に、Securityの人影が全くなかったこと。警察もここにあって、ガイドさんは散策前に警察に立ち寄って挨拶していました。監視カメラはあるということでしょう。

大統領官邸
8_首都パリキール (1)大統領官邸

議会
8_首都パリキール (2)議場

建物
8_首都パリキール (3)建物

V6 report (7) ポーンパイプ岩絵

州都コロニアから東回りで車で40分ほど。ナン・マドールのちょっと手前にあります。四駆が底を打って壊れるんじゃないかと思うような悪路を進みます。

大きな1枚岩に、いろんな象形文字が彫られています。柵もなく、自由に立ち入れますから、だんだん荒れていくのでは・・と心配されます。 中には「イタズラで彫ったものもあるかもしれない」と、ガイドさんの話。

ポーンパイプ1

ポーンパイプ2

V6 report (6) 世界遺産“Nan Madol”

ポンペイ島南東部の沿岸に築かれた石造建造物群。昨年、“世界遺産”、同時に存続が危ぶまれる“危機遺産”に登録されました。7月、イスタンブールで委員会を開催中に事件が起こったので、報道は目立たないものでした。

この遺産は地元の酋長さんが管理していて、一般の世界遺産とは趣が少々異なるようです。住人による関所が3カ所あって、私たちが行った時は、2つめの関所の主が昼寝していたらしく、寝ぼけ眼で出てきました。(^_^;)

2枚目の写真は遺跡の心臓部の入口で、橋がないので引き潮の時に渡ります。私たちが渡ったときは膝の少し上までの深さがありました。

ナン・マドール1

ナン・マドール2

ナン・マドール3

V6 report (5) テレコム

ハムのライセンスを担当している役所は、ホテルから南西へ20kmほどの首都パリキールにあります。
正式の名称は「Department of Transportation, Communication and Infrastructure」の「Division of Communications」・・担当官はPaulさんで、事務所に表敬訪問しました。 免許の手数料は無料!!

左から、V63ARJ Paulさん,V63LSSV63AVO
5_テレコム (1).

5_テレコム (2)

V6 report (4) 椰子の木とアンテナ

10,7,3.5MHz用のアンテナを増設しましたが、椰子の木がうまい具合に生えていて、V63ARJ(JA3ARL)大串さん製作のパチンコ代わりのボール誘導弾(?)が活躍しました。 もっとも年寄り3人が頑張っても木のてっぺんを超えることができず、ホテルのヤングに頼んで投げてもらいました。

1枚目の写真はワイアが見えにくいですが、右端の椰子の木から張った80m用のフルサイズ・ダイポールです。
2枚目の衛星用アンテナは、Rigが1台、空港のSecurityで落とされ(?)壊れていたので、オンエアできませんでした。

4_アンテナ_80m

4_アンテナ_衛星用

V6 report (3) シャック

無線室はフロント(左側)と続きの部屋。夜中もすぐ横にSecurityの人が寝ずの番をしていました。

第1陣(家族3人)は既設のアンテナを使い、私(V63AVO)がCW,XYL(V63PBL)がSSBで、主に14,21MHzに出ていました。PBLは海外に出た時しかオンエアしませんので、オペレーションは一向に上達しません。つたないOPにお付き合いしてくださった皆さん、ありがとうございました。

無線室

最初のシャック

運用するPBL

V6 report (2) South Park Hotel

泊まった South Park Hotel は海側の眺望は素晴らしいものでした。
既設のアンテナは14,21,28MHzのビームと18,24MHz用のDipole。 新たに3.5,7,10MHzのDipoleを上げました。トップバンドも予定していましたが、ポールがなくて断念。衛星通信用のRig2台のうち1台が空港Securityのチェック時に落とされた模様で使えず。「残念」がかさなりました。

ホテルからの眺望1

ホテルからの眺望2

ホテル新館

ホテル新館とアンテナ

V6 report (1)  Logsearch

一足先に16日に帰国しました。 V63LSS/宮川さんとV63ARJ/大串さんは22日までの予定で運用中。
現地では後半、ネットが全く利用できなくなり、ネットを通じたリアルタイムの情報発信はできなくなっていました。

まず、わたし(V63AVO)の運用分について Clublog による Logsearch を設定しました。 しばらくLog確認のrequestを処理したあと、LoTW にもupする予定です。

お年玉・・・5 Band DXCC Award

ARRL から元旦に届きました。 #8623 でした。
5bandDXCC

新年はV6(Micronesia)からオンエア

新年おめでとうございます。
V6からの電波が聞こえましたら、一声かけてください。
詳細は; http://ja3avo.jp/v6.htm

年賀状_net_2017
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle