上山善紀さん(元近鉄社長)

 元近鉄社長の上山善紀さんが94歳で亡くなられたとのこと。私が若い頃にお世話になった方たちの訃報が減ったのは、私が歳をとったことの裏返しでもあるわけですが、たまに接する訃報の年齢は90代を超えていることが多くなりました。

 上山さんは関西財界の重鎮でありながら、記者仲間からも慕われる人でした。財界人事が微妙な頃は、上山邸への夜討ち朝駆けが盛んで、私もその一人。記者泣かせだったのは、豪邸?を2本の通りが挟んでいたことで、玄関を張っていたら裏から帰宅して「それっきり」。気づいてピンポ~ンを鳴らしても、疲れていて記者に会いたくない時は「まだ帰っていません」or「寝ました」で、いなされて終わりです。

 ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

星条旗の下に生きたヒバクシャたち

 昨夜放映されたNHKの「星条旗の下に生きたヒバクシャたち」(Reporter=渡辺謙)。何気なく見始めたのですが、最後まで見てしまいました。

 アメリカに生まれて米国市民権を持つ日本人が日本に帰り、広島で被爆。戦後すぐに生まれたアメリカに帰り、原爆症と知らずに後遺症に悩みながら生きる人たちを、渡辺さんが淡々と追い、Reportします。

 孫を連れて3度も広島を見せて、自分の思い(父の遺言でもあった)が孫に伝わった喜びを語るMay Yamaokaさんの姿には、感動しました。

 終戦時は4歳。わずかに戦前生まれの私ですが、戦争の記憶はわずかです。きょう成田からシアトルに戻る孫たちを思いながら、戦争のない世界がくることを、祈っています。

1行 10文字と15文字

しんぶん これは毎日新聞の例ですが、決算発表の活字はスペースを節約するため、1行15文字で掲載されています。

 かつては、どの新聞も1行15文字で掲載されていましたが、徐々に活字が大きくなって、今は10文字です。こんな小さな字を読んでいたのかと思うと、今昔の感・・・・・です。(^_^;) 今では1行10文字でも眼鏡なしでは読めないのですから。

松下幸之助さん

 きのう10日のTV・新聞は、松下電器産業がパナソニックに社名変更するとの衝撃的なニュースを繰り返し流していました。創業者がシャープペンシルの発明で有名だった早川電機が社名をシャープに変更したときは、株主総会で「せめて地名の早川町はそのままにして欲しい」と発言した株主さんがいたそうですが、松下の場合もきっと幸之助さんを懐かしむ発言が飛び出すことでしょう。

 リタイア後、記した「落第記者の記録」に、こんなのがありました。
--------------------------------------------------------
19)松下幸之助さん        98.9.19
 「経営の神様」と言われた松下幸之助さんに、一度だけ単独インタビューしたことがある。

 単独というのは、共同会見でないという意味だが、経済部の先輩と2人で、当時経済面に連載していた「ビジネスマン」シリーズに登場してもらうためだった。たしかテーマは「外国語」で、幸之助さんは「いまどきのビジネスマンは2つくらいは外国語をしゃべらんとあきまへん」と言われた。「幸之助さん(なんて失礼なことは、ご本人には言いませんが)は外国語はどうですか?」と尋ねたら、「私は日本語でも相手がわかってくれるんですわ」と、真顔で答えられたのを覚えている。

 この人なら、そうかもしれないな、と思った。それにしても威圧感を全く感じさせない人だった。経済人、財界人で雲の上とも言えるような地位に駆け上った人には、威圧感を感じさせない人が結構多い。新日本製鐵の稲山嘉寛さん、永野重雄さん、関西電力の芦原義重さん、東洋紡の河崎邦夫さんらがそうだった。新米の記者にも気さくに話してくれた。もちろん、気さくだからといって、勉強しないボンクラ記者は腹の中で馬鹿にしていたとは思うが。

高齢化と活字

活字

 今朝の毎日新聞。12月から活字を大きくするそうです。我々老眼族にとっては、嬉しいことですが、一方で字数は確実に減りますから、その兼ね合いが大変難しい問題でもあります。

 1980年代の初めまでは、新聞の1行は15文字でした。それが12字、11字となり、今度の改訂で10文字になるわけです。その間、字数は同じでも横幅を拡げるという改訂も行われています。

 写真の上は昔の1行15文字時代の紙面です。こんな小さい字をメガネなしで読めていたんだなと思うと、感慨深いものがあります(笑)。下は新しい1行10文字です。これさえ今ではメガネなしでは読めません。しかし、目を細めると何とか意味は読み取れます。個人的にはありがたいことです。

 立場を書く側に変えて考えると、字数は確実に減るわけですから、従来と同じ感覚で書いてはハミ出します。短い文章で意をつくす技量が、従来以上に求められることになります。
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記
QSL card(交信証)に使っている写真は近くの昆陽池(こやいけ)。
私のウォーキング・コースです。大阪空港から飛び立って下界を見ると、中ノ島が日本列島の形になっているのがわかります。

 昆陽池の大画面はこちら

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle