スプリアス実態調査結果 通知書修正版

 きょうJARDから「スプリアス実態調査結果について」の書類の修正版が送られてきました。 Dataについていた表紙で、様式は最初に送られてきたものと同じ。チェックが一転して「満足しておりました」から「満足しておりませんでした」に変わっていました。 結果的にはチェック欄を間違った単純ミスのような形ですね。

 で、総通に提出済みの変更申請について、問い合わせてみました。 結論は「不合格の周波数、電波形式を削除する形の変更はできません」とのことで、第1送信機(FT-857M)は「変更なし」とし、第3送信機(FT-991M)の増設のみで処理されることになりました。  大山鳴動して・・なんとやらでした。

通知書修正版
スポンサーサイト

FT-991 とりあえずの感想

自宅ではHFはSub,VUがメーンの位置づけです。
液晶画面が大きいのは老眼にはGoodです。Bandスコープはあまり使おうとは思わない程度のものかな。
以下、FT-857に比べ便利と思った機能を、とりあえずアット・ランダムに。

・「SPLIT」と「TXW」(送信周波数のチェック)ボタンがメーンダイヤルの横に配置。
・TXTだけでなく、パドルで打ち込んだCWをメモリーできる,チャンネルは5つ。
・Phoneコンテスト派には重宝なボイス・メモリーが5チャンネル。
・アンテナチューナーを内蔵。
・オーディオフィルターとAPF(オーディオ・ピーク・フィルター)
・GPS/CAT用のDsub端子とUSB
・C4FM(ディジタルモード)がOK。

以上、実際に使ってみないと、なんとも言えませんが・・・。

FT-991M

FT-857M の代替機"FT-991M"が届きました。
Rigのタッチパネルは初めてなので慣れるまで時間がかかりそうですが、FT-857に比べ大きくて、操作性はよさそうです。この大きさなら移動用にも向いていますね。機内持ち込みのバッグにも楽に入る大きさです。

FT-991M

移動局変更申請~FT857M JARD実測を受けて~

 いまやる必要はないのですが、JARDによるスプリアス調査に提供したFT-857Mの一部「不適合」を受けて、移動局の変更申請を行いました。
 JARDの調査結果通知書の原本を添付する必要があるので、電子申請ではなく、書類郵送方式です。さて、どうなるでしょう。

【第1送信機:FT-857M】 50,144MHz帯のA3Eを削除、430MHz帯を削除
【第2送信機:ID-31】 変更なし
【第3送信機:FT-991M】 増設

変更_第1送信機

FT-857M スプリアス調査 周波数&モード別 適不適

 周波数&電波形式ごとに、新スプリアス規格への「適合」を〇,「不適合」を×で、整理してみました。 A3Eは不要なので無視するとして、結局435MHzを外せばOKということになります。

 この435MHzも、基準値-60dBc以下に対し、実測値はー57dBc台ですから、惜しい・・というレベルだと思うのですが。
 
FT-857M_スプリアス適不適
sidetitleプロフィールsidetitle

憂楽日記

Author:憂楽日記

sidetitleカレンダー(月別)sidetitle
04 ≪│2016/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleLog searchsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle